【巷で話題の光ファイバー】ひかり電話を導入するメリットをご紹介!

電話とネットが使用可能

スマホ

使い道と必須アイテム

一般家庭向けの固定電話を利用したい時に必要となるのが電話加入権ですが、ADSLも使いたい場合は、アナログ回線を申し込む必要があります。電話会社との契約ではオプションサービスも揃っており、掛かってきた発信元の電話番号を表示したり、着信電話を転送するなど、数々の活用が可能です。ADSLは電話回線を情報伝達網とするネット接続サービスで、下り通信なら、およそ1.5Mbpsから50Mbpsほどの速度でデータを受信できます。実際の通信速度は契約するプロバイダーのコースや、端末の設置環境などで異なりますが、Webサイトの閲覧やメールはもちろん、動画も視聴できます。そこで、引越し先などで新たに通信回線が必要な時は、固定電話とネットが使える電話加入権を購入して、活用してみると良いでしょう。また、アナログ回線の電話加入権は1回線につき1つの電話番号ですが、スプリッターという機器で電話線を分配することで、電話とネットを同時に使えるようになります。これならネットの利用中に電話が掛かって来ても通話できますので、ご家庭で電話加入権を活用する際は、スプリッターが必須のアイテムです。そして、電話加入権にはISDN回線もあり、こちらは1回線で2回線分の電話と同等の使い方が可能となっています。電話とネットを同時に使えることはもとより、ファックスと電話を同時に使用したり、電話機器を2台同時に使うといった活用も可能です。この優れた特徴を活かしますと、事務所兼自宅となっている場合でも、1回線で業務用と私用を使い分けることができます。

RECOMMEND POST

男の人

大人も子供も活用できる

初心者安心パックやジュニアパックなど、初めてスマートフォンを持つ人にも最適なプランが用意されているのが、「@モバイルくん。」が評判が良い理由の一つです。端末設定も代理でやってもらえて、キッズモードなどの子供向けの機能も使用できます。

女性

海外に行く時は

オースラリアに行く時は携帯のレンタルを活用すると便利で、携帯でインターネットにつなぐことでオーストラリアでの行動が楽になります。慣れない場所に行く時は、インターネットの地図機能を利用するととても便利です。

Copyright© 2017 【巷で話題の光ファイバー】ひかり電話を導入するメリットをご紹介! All Rights Reserved.