胃ガンの治療

胃ガンと発症

病院

胃にできる胃がんは、身体の中にできるがんの中でも特に発見が遅れてしまいがちな場所となっています。その理由としては、初期症状として胃痛や吐き気などが起こるもののそれはほとんどの場合においては、胃潰瘍や胃炎などとして認識されてしまいます。このことにより、胃がんの発見は遅いということが多いものとして知られています。発見が遅い場合での、がんの進行段階としては末期から中期が多いと言われています。特に末期の場合であると治療方法が無いものとなっています。なので、胃痛や吐き気などを長期間感じる場合には、病院でレントゲンやがんに関する精密検査などを受けることが必要なこととあっています。

治療と方法

胃がんの治療は一般的に、抗がん剤の投与や胃の一部を切除するという方法で行われています。この2つの方法は、比較的簡単な方法ではあるものの身体的な負担が大きい方法となっています。しかし、放射線治療は限られた状況までしか対応することが出来ないものの、身体的負担が少ないものであるので簡単に治療が行うことができる様になっています。そのために、胃がんが進行している場合などで体力がない場合などにおいては治療方法として、放射線を使う人が増えています。また、放射線治療は1回につき1時間から3時間程度で行うことが出来る様になっているので、短時間で処置を済ませたい人などに人気の方法となっています。胃がんの放射線治療費は高額です。だからといって、治療を諦める必要はありません。日本では高額療養費制度を設けているのでその制度を活用して治療を受けるとよいでしょう。